2017年5月24日 (水)

おきなが明久レポート号外 私は「共謀罪」に反対します。

犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」=組織的犯罪処罰法の改正案が5月23日、衆院本会議で自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で可決されました。

「共謀罪」法案は、277の犯罪について、計画・資金調達などの準備行為を処罰するというものですが、犯罪を実行に移した段階から処罰する日本の刑事法の原則を大きく変えるものです。近代刑法では、権力者の恣意的な判断で罰せられないように、法に定める罪の実行行為者だけを犯罪者としてきました。(罪刑法定主義) ところが、「共謀罪」は犯罪の実行行為がない場合でも、警察や検察が勝手に「違法行為の可能性がある」と「判断」すればいつでも誰でも犯罪者に仕立てることができます。

「共謀罪」は、政府にとって邪魔な人々=「ものいう人々」をいつでも逮捕・投獄できるようにする現代版治安維持法とでもいうべきものになりかねません。

私は、民主主義を守る立場から、「共謀罪」の成立に反対します。

201751


201752

| | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

おきなが明久レポート第104号

おきなが明久レポート第104号を発行しました。

今号の紙面構成は、

<1面>
市長与党による発言時間の削減、議会だよりの削減 口封じには屈しない

<2面・3面>
特集:「民活導入」を検証する 上下水道局庁舎建設・維持管理 民間の方が「安い」はずが・・・・

<4面>
その1)払い下げ国有地からごみ されど座間市は損害賠償せず
その2)基地強化に歯止めをかけてきた1971年覚書の見直し決議を強行
その3)空き店舗活用制度がリニューアル
その4)施設損傷等通報アプリケーション「なおしてざまりん」の運用始まる

No10414


No10423


このブログでも何回か取り上げましたが、PPP方式(官民連携)による上下水道局庁舎建設問題は、明らかに失敗例。

このPPP方式は、全国の地方自治体で採用するよう国は誘導しています。また、現在国会では、「水道法改正案」や「官民連携事業の推進に関する法律案」が審議あるいは継続審議となっていますが、成立すればほぼ強制的に取り入れざるを得なくなります。

水道事業についても、公共施設の在り方についても、それぞれの地方自治体で、市民を交えたしっかりとした議論が必要です。

ご覧いだたき、ぜひご意見などをいただければと思います。 

| | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

鈴鹿長宿の街並みと湧水めぐり

先日の市政報告会参加者の方からのリクエストで、「鈴鹿長宿の街並みと湧水めぐり」のウォーキングを企画しました。

20172_2

市内の方でも、こんな所があるのかご存じない方もけっこうおられるようで、その方も「一度行ってみたい」とのことでしたから、「じゃ、私が案内しましょうか」という話から、こんな企画になりました。

まあ、いろいろおしゃべりしながら、貴重な景観が残されているこの地域を歩き回ろうというものですから、興味のある方はお気軽にご参加ください。

お申し込みは、

おきなが明久事務所
TEL:046-252-9741
FAX:046-252-9743
Eメール:akihisa.okinaga@nifty.com

いずれかの方法で、どうぞ。

| | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

市政報告会のご案内

おきなが明久市政報告会 タウンミーティング2017・冬

日時:2月12日(日) 午後2時~4時半

場所:ハーモニーホール2階大会議室(市役所隣)

20171

| | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

海老名駅前自由通路訴訟 弁護団長大川隆司弁護士のお話

今日は、「海老名駅前自由通路訴訟」の弁護団長をつとめる大川隆司弁護士を講師とした集会に参加してきました。

ちなみに大川弁護士とお会いするのは15年ぶりぐらい。私が市議一期目に、同僚市議2名とともに、座間市の公共工事談合事件で談合を行った業者に対する損害賠償請求裁判の弁護士を引き受けていただいて以来です。

Img_20161105_1409072


「海老名駅前自由通路訴訟」とは、2016年2月28日、海老名駅前の自由通路で「マネキンフラッシュモブ」というパフォーマンスを行われましたが、この「マネキンフラッシュモブ」に参加していた吉田みな子海老名市議に、内野海老名市長が「海老名駅自由通路設置条例」に基づき「命令書」を出したことことに対し、表現の自由を過剰に規制し憲法に違反するとして、命令の取り消しなどを求める訴えを横浜地裁に起こしたものです。

Photo


以下、大川弁護士のお話を要約すると、

条例の「要許可行為」「禁止行為」とは?

海老名市海老名駅自由通路設置条例

第19条第1項 自由通路を利用しようとする者は、次に掲げる行為を行う場合には、あらかじめ指定管理者の承認を受けなければならない。
1号 募金、署名活動、広報活動その他のこれらに類する行為

第30条第1項 自由通路において、次に掲げる行為をしてはならない。
3号 集会、デモ、座り込み、寝泊り、仮眠、横臥その他これらに類する行為

海老名市長の「見解」では「マネキンフラッシュモブ」が、「デモ」や「座り込み」にあたるというもの。

道路交通法(道交法)ではどうなっているのか?

海老名市の条例では「集会、デモ、座り込み」は「絶対的禁止事項」、「募金、署名、広報活動」は「要許可行為」となっていますが、道交法では、

「一般交通に著しい影響が及ぼす行為で公安委員会が定めたものは要許可行為」(道交法77条第1項4号)

ご覧になればおわかりのとおり、「一般交通に著しい影響が及ぼす行為」であり、かつ「公安委員会が定めたもの」が対象となりますので、まず「一般交通に著しい影響が及ぼす行為」でなければ許可の必要はありません。また、「公安員会が定めたもの」では、神奈川県公安委員会規則第17条で「公職選挙法に基づく選挙運動又は政治活動は除く」と除外規定となっており、いずれにせよ政治表現である「マネキンフラッシュモブ」は対象とはなりません。

「自由通路」は何か?

では、論点は「自由通路は道路なのか?」ということになります。道交法上の「道路」とは、以下の3つに分類されます。

①道路法上の道路(国、県、市町村道)
②道路運送法上の自動車道
③一般交通の用に供するその他の場所

「自由通路」は、③の「一般交通の用に供するその他の場所」になり、道交法上の「道路」にあたるわけです。

Imgp5322


判例はどうなっているのか?

①有楽町駅前ビラまき事件(東京高裁1966.2.28判決=確定)
道交法が要許可要件とする「一般交通に著しい影響を及ぼすような行為」は、表現の自由と調和させるために「相当高度のものを指す」と解する。本件ビラまきは許可申請不要。

②東金市ビラまき事件(千葉地裁1991.1.28判決=確定)
通行が大きく阻害されるおそれのない状況下で行う歩道上のビラまきは許可申請不要。ビラの配布者を逮捕したのは違法で、千葉県は100万円の賠償金を支払う義務がある。(千葉県および千葉県警は控訴断念)

海老名市の条例は違法・無効

デモや座り込みを「絶対的に禁止」する市条例30条や、交通への影響の有無程度にかかわらず一律に「広報活動」等を「要許可行為」とする海老名市海老名駅自由通路設置条例は憲法および道交法に反し違法・無効であるといえます。

cf)地方自治法第14条「普通地方公共団体は、法令に違反しない限りにおいて第二条第二項の事務に関し、条例を制定することができる。 」

| | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

議会を本来の姿に

今日の朝宣伝は、相鉄線さがみ野駅入口交差点。

「市長さんの言うことなら、なんでも賛成。そんな議員ばかりが増えていいんでしょうか?」

「『おれは市長だから、反対できない。黙って手を挙げるだけ』こんなセリフを何回も聞かされてきました」

.「はあ?地方議会に与党も野党もありません。国会は議員内閣制ですが、地方議会は二元代表制。首長と議会が互い牽制していくことによって、バランスのとれた健全な市政が実現できるのです」

「議会はチェック機関であり、立法機関。議会を本来あるべき姿に取り戻しましょう!」

こんなことを訴えました。

14348996_1135430816540101_206839599

| | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

9/16街頭演説会のお知らせ

今、市内に貼り出しているポスターに記載されているとおり、9月16日(金)午後5時より座間駅前で、「おきなが明久&山本太郎」街頭演説会を開催します。

多くのみなさんの御参加をお待ちしております。

Photo

| | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

おきなが明久レポート第102号

おきなが明久レポート第102号を発行しました。今回のレポートは、9月25日投開票の座間市議会議員選挙の直前とあって、それを意識した編集に。

総論的なキャッチコピーは、「未来に希望の持てる政治をつくろう!」。各論として6つの主要政策を掲載しています。

ぜひ、ご覧になっていただいて、ぜひ、ご意見などお寄せいただければと思います。

<1・4面>

14giff

<2・3面>

23giff

| | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

相模線唯一の無人駅=入谷駅

9/18~9/25の市議選に向け、普段より朝の駅頭に立つことが多くなりましたが、今日は久しぶりにJR相模線「入谷駅」へ。

ここは、知る人ぞ知る、相模線では唯一、神奈川県内ではめずらしい「無人駅」。

Ca3j02740001


西側を見ると、大山。

Ca3j02710001


東側をみると、田んぼと遠くに座間丘陵

Ca3j02750001


でも、朝はけっこう乗車する人はいます。乗車人数が2万~3万人の市内の他の駅比べると圧倒的に少ないのですが、無人駅故でしょうか、チラシを配りながらあいさつをしても、「殺伐」とした雰囲気がなく、相手との距離が縮まるような感覚になります。

Ca3j0279


ただ、難点は夏の季節、日陰がまったくないこと。今日も強烈な朝日の直撃。この場合の対処法が下の写真。

Ca3j0277


のぼり旗と「一体化」することです。今日もこれで難を逃れました。

今日で8月も終わり。いよいよ選挙の月になりました。投票日まで、がんばります。

| | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

おきなが明久レポート 第101号

おきなが明久レポート第101号を発行しました。

【1・4面】

1面「未来に希望の持てる政治をつくろう! 1%のための政治から99%のための政治を」

4面「鈴鹿長宿の街並みを分断する都市計画道路座間南林間線」 「『米軍関係者による犯罪の再発防止』 私が反対した理由」

No10114

【2・3面】

2面:「消費税やめて富裕税を 国も地方もお金の流れを変えよう!」

3面:議会報告その1 「民間保育園 保育士の給与改善を!」
議会報告その2 「商店街空き店舗活用補助金 なぜ0件(2014年~16年)なのか?」

No10123

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧