2018年3月23日 (金)

2018年第1回定例会 やっと終わった。

久しぶりのブログ更新です。2月15日の議会運営委員会での議案書配布から約5週間、座間市議会の2018年第1回定例会がやっと閉会。議員の期数を重ねて、ほんとならもっと要領が良くなってもいいはずなのですが、総括質疑、一般質問、委員会質疑、討論、その間の当局からのヒアリングとこの5週間休みなし。(この合間に朝宣伝や国会前行動もありましからね)

必然的にデスクワークが増え、体重も恐くて量っていませんが、確実に成長したもようです。

さて、本日の最終日。常任委員会の委員長報告、討論、採決が行われ、私も討論に立ちました。私の討論内容は、以下のとおりです。

おきなが明久レポートweb版 http://d.hatena.ne.jp/okinagaakihisa/?_ts=1521794280

2018322


長文なので、すべてお読みいただける方は少ないと思いますが、私の主張に何かご意見やご注文などございましたら、ぜひ、お寄せください。

なお、国への意見書提出では、私は「学校法人森友学園への国有地売却の真相究明と公文書書換えの責任追及を求める意見書」を提出、全会一致で採択されました。また、加藤陽子議員(神奈川ネット)が提出した「消費者が求める遺伝子組み換え表示についての意見書」は、賛成多数(「自民党・いさま」のみ反対)で採択されました。

Img_20180323_1800132

| | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

あさって(3月2日)から一般質問

座間市議会は、3月2日から一般質問が始まります。(3月2日、5日、6日) 今回は私がトップバッター、初日の午前9時~です。

今回の私の質問テーマは以下のとおり。

1.イオン開業に伴う諸問題について
1)交通環境の悪化と対策について
2)イオンとの包括的連携協定及び市内商業への影響について
3)経済効果と税収見込みについて

2.公共施設のあり方について
1)「公共施設再整備計画基本方針」について
2)公共施設の使用料改定について

3.国民健康保険税の改定について

4.市長の政治姿勢について

1.については、まさにタイトルどおり。一番深刻な影響を与えそうな交通対策を中心に議論したいと思っています。少なくとも開業時は、ほんとに大変なことになると思いますよ。先日、完成前の状況を見に行ってみると、下の写真のように、周辺は渋滞は開業前にもかかわらず、この状態。市民生活や企業の事業活動にも深刻な影響が出てくるかもしれません。(しかも行った時間帯は、渋滞があまりないと思われる平日の午後3時頃ですからね)

Img_20180227_1550072


Img_20180227_1558452

Img_20180227_1547442


2.-1)は、昨年12月議会の引き続き。2)は、今回6本の公共施設使用料の改定に関する条例が出されていますが、先日(2/23)の総括質疑で答弁拒否されたことを再度質します。具体的にはどういうことかと言えば、今回の使用料改定は、昨年に改訂された「公共施設の使用料設定に当たっての基本方針」に示された「受益者負担原則」と「算定方法の明確化」という点から。しかし、基本方針の算定方法で算出した額をそのまま使用料としているものと、算出したもののあまりにも高くなってしまうので、「他市との比較」という点から使用料を決めたものとがあります。そこで、算定方法で算出した額は一体どのくらいになったのか、総括質疑で質したところ、「明らかにはできません」という答弁。なぜ、公表できないのか? 改めて質していきます。

3.は、平均10.67%の値上げ案が示されている国民健康保険税。これは、新年度から始まる新制度に伴う値上げですが、保険税を支払う被保険者は、ほんとうにこの負担に耐えられるのでしょうか。新制度のもとでの国民健康保険事業の運営について議論したいと思います。

4.は、情報公開に関する市長の政治姿勢。特に、行政の意思形成過程(検討段階)の情報公開について市長の基本的認識を問うていきます。

ぜひ、傍聴が可能な方は、お越しください。またインターネット中継でもご覧なれます。
座間市議会インターネット中継
http://www.kensakusystem.jp/zama-vod/index.html

| | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

落書きの定義

昨日は、2018年座間市議会第1回定例会本会議二日目。市長から提案された予算案、条例などに対する総括質疑が行われました。質疑の対象となる議案は34本もありますが、私の質疑時間は、「おおむね10分、最大15分」しかありません。

これは、昨年から議会ルールが改悪され、これまで会派の人数に関係なく質疑時間最大60分(答弁時間を含まず)、また会派に属さない議員が複数いる場合は、一つの会派とみなし代表者が会派と同じ時間で質疑できたものが、会派人数比例(おおむね10分、最大15分×会派人数)となったことによるものです。

まあ、当たり前ですが10分~15分の質疑時間で、34本もの議案について質疑を行うことはできません。よって、私が昨日質疑した項目は以下の2点。

・座間市環境美化条例

・公民館条例など6本の公共施設使用料の値上げに関する条例改正

このうち、本日のブログでは、環境美化条例について報告をしておきます。大きな論点は、タイトルにある「落書きの定義」。

座間市環境美化条例では、「落書き」について次のように定義しています。

第2条(9)落書き 書かれた文字、図形又は絵画をいう

Photo


この定義のもと、第11条(落書きの禁止)第1項では、

市民等は、公共の場所又は他人が所有し、占有し、若しくは管理する建物その他の工作物に、落書き行為をしてはならない

そして、これに違反した場合は、第13条において「指導及び勧告」が、これに従わない場合は第14条において、「命令」が規定され、さらにこれにも従わない場合は、第16条第2項において、五万円以下の罰金が規定されております。

この条例は、違反者に対し刑事罰を科すことも想定した条例ですから、「誰が、何に対して、どのような行為を行うことを禁じているのか」、明確に示すことが必要であるはずです。

ところが、この条例の「落書きの定義」(第2条9号)と「落書きの禁止」(第11条第1項)をあわせてみると、

公共の場所又は他人が所有し、占有し、若しくは管理する建物その他の工作物に、文字、図形又は絵画を書くことをしてはならない

ということになります。ここで、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、「落書きの定義」で、「権原のある者の承諾がなく」という「承諾の有無」が明記されていませんから、素直に読めば、たとえ承諾があった場合でも「文字、図形又は絵画」を書くことを禁止すると読み取れるのです。だとすると、憲法で保障された「表現の自由」に抵触することになるのではないかというのが、私の質疑のポイント。

これに対し市側の答弁は、

「承諾を受けている場合は、落書きにあたらない」

という解釈。そりゃそうでしょうけど、条例の条文からそれが読み取れますか?ということです。刑事罰を伴う禁止行為ですから、誰が読んでもわかるように条文に明記すればいいのに、なんでこんなわかりにくい条文にするのでしょうか。

以下のようにすれば明確です。まず「落書き行為」を定義します。

落書き行為:公共の場所又は他人が所有し、占有し、若しくは管理する建物その他の工作物に、権原のある者の承諾を得ることなく、文字や図形や絵画を書く行為をいう

その上で、「落書き」を定義します。

落書き:落書き行為によって表示された文字、図形又は絵画を書く行為をいう

こうすれば明確です。「こうした禁止行為が明確ではない条例は、一度撤回して出し直すべきではないか」という私の再質疑に対して、市側は、

「検察との協議や弁護士との法律相談を経て、時間をかけて検討したものあるので、撤回するつもりはない」

との答弁。だったら、せめて「逐条解説や市民への周知にあたって、『承諾を得て、公共の場所や他人の所有物等に文字、図形又は絵画を書くことは落書きではない』と明記すべきではないか」と質疑しました。だって、そうでしょ。現在の当局者がそうした解釈をしたとしても、明文化されていなければ今後、どういう運用になるかわかりませんからね。

それに対する答弁は、「そうしたい」とのことでしたが、なぜ、こんなわかりにくい条文とするのか、理解に苦しみます。

| | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

議会ICT推進検討委員会&Jアラート訓練

今日は、議会ICT推進検討委員会。この委員会は、ICT(Information and Communication Technology)=「情報通信技術」を議会の中で推進していくことを目的として設置されたもので、この間以下のような課題について協議をしてきました。

・議場に視覚的要素(プロジェクター等)を導入する。
・インターネット中継の拡充。(現在は本会議のみ、常任委員会等にも拡大する)
・議会広報にSNSを活用する。(Twitter、Facebook等)
・資料のデータ化、ペーパーレスの推進。
・本会議場へのノートPC、タブレットの持ち込みの解禁

これらのことについては、議論が始まってからすでに4年~5年が経つと思います。「総論賛成、具体的にどうするか?」という議論が延々続いているのですが、今日は新たな展開というか、ビックリするようなことがありました。

具体的には、前回の会議で「インターネット中継の拡充」について、業者委託をした場合年間150万円程度の経費がかかるという見積もりが出されているのですが、この経費について妥当かどうかという意見を各会派から持ち寄ることと、経費負担の少ない方法として「YouTube動画」の実証実験を行うというものでした。要は、インターネット中継を拡充することは合意されているので、技術的な問題としてどのような方法を採用するのかという検討が行われるはずだったのです。

ところが、最大会派である「自民党・いさま」の委員から、

「現時点では、インターネット中継の拡充は行うべきではない」

と。理由は、

「業者委託にかかる経費からすれば、費用対効果が見込めない」

「委員会の傍聴は委員長の許可制になっているので、無条件に公開するのはどうか」

というもの。

え~、何を言い始めるのかと思っていたら、委員長も「では、この件は意見が分かれるということで議会運営委員会に報告したい」と。

いや、いや、いや、ちょっと待ってくれ、ということで私が言ったのは、

「長い期間をかけて合意して、技術的にどうするのかを検討している段階で、いきなり覆すのはどうか。実施合意を覆すなら、少なくとも、「自民党・いさま」はもう少しちゃんとした説明をすべき」

ということ。これに対し「自民党・いさま」の委員は、

「合意はしていない」

と。他の会派の委員から議会改革特別委員会の最終報告でも「合意」となっていることや、過去の記録により「消極的賛成」となっていることが指摘され、答えに窮し、もう一度会派持ち帰りとなった次第です。

Photo


なんというか、「自民党・いさま」(旧「いさま」は今期(2016年10月~)からこの名称となったものですが、過去の経過や合意の積み重ねを重んじるのが「保守」の考え方だと思うんですけどね。一体どうしたことでしょうか。

(閑話休題)

このICT推進検討委員会の最中に、前のブログで書きました県内一斉Jアラート訓練と座間市職員の退避訓練が行われました。11時少し前から、ちょうどいいタイミングで休憩が入り、訓練を見学することができました。

下の写真は5階フロアの職員の退避場所となっている6階本会議場ですが、ご覧のように例のダンゴ虫スタイルはありませんでした。(「退避訓練」ということで私が早とちりしてダンゴ虫スタイルの訓練と勘違いしたようです。謹んで訂正させていただきます)

Img_20180131_1103192


Img_20180131_1059252


1階~3階の職員は、地下1階、地下2階の駐車場への退避。4階職員は4階の窓から離れた退避場所への移動訓練だったようです。

果たして意味のある訓練だったのでしょうか。また、実効性の問題をあわせて神奈川新聞の連載では、以下のような記事があります。

「時代の正体 Jアラートの警告(中)」
「教室に強いる『同調』」
https://www.kanaloco.jp/article/307316

「時代の正体 Jアラートの警告(下)」
「差別が戦争への道開く」
https://www.kanaloco.jp/article/307569

ご覧になっていない方はご一読をおすすめします。 

| | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

公共施設の今後のあり方

先日の一般質問で取り上げたテーマの一つである「公共施設の今後のあり方」について報告しておきます。

20171214

*お時間のある方は、座間市議会インターネット中継でご覧ください。
http://www.kensakusystem.jp/zama-vod/index.html

座間市の取り組み

座間市では現在、2018年度を目標に座間市公共施設再整備計画の策定作業が進められています。これに先立って、公共施設の将来的なあり方を検討する方針(又は指針)が作られてきました。具体的には

・2012年度:座間市公共施設白書(建物系の公共施設の資産価値、コスト等)

・2014年度:座間市公共施設利活用指針(建物系の更新費用の試算、利活用の方針)

・2015年度:座間市アセットマネージメント基本方針(道路なども含めた全ての公共施設の今後の方向性)

・2016年度:座間市公共施設再整備計画基本方針(再整備計画策定に向けた方向性)

と、ほぼ毎年のようにこうした方針を策定しています。

更新費用の試算数字がなぜこんなに違うのか?

これらのものには、全て「今後20年間」の建物系の公共施設の更新費用の試算が示されていますが、2014年度の「座間市公共施設利活用指針」と2015年度「座間市アセットマネージメント基本方針」では、大きくその数字が違っています。

座間市公共施設利活用指針では、

Photo

座間市アセットマネージメント基本方針では、

Photo_2

ご覧のとおり、今後20年間の建て替えや大規模修繕にかかる費用はほぼ変わりませんが、不足額はわずか1年で約300億円から約128億円に、年額で言えば15億円から6億円へと、半分以下になっているのです。

これは「公共施設利活用指針」では、支出費目を「維持補修費」で計算していたものを、「アセットマネージメント基本方針」では、普通建設事業費から道路、橋りょう等の都市基盤系施設を除いたものに変更したことによるものです。建て替えや大規模修繕は、「維持補修費」ではありませんから、変更後の普通建設事業費の数字を用いるのが妥当だと私も思います。ではなぜ、「座間市公共施設利活用指針」では、維持更新費用の試算において維持補修費を用いたのでしょうか?また、翌年に策定された「アセットマネージメント基本方針」では、本来なら重要な試算基準の変更があったわけですから、その理由を含めて説明すべきであったはずです。ところが、そうした記述は全くありません。

まがりなりにも、重要な行政方針の基礎となる試算結果がわずか1年で大幅に変更されているにもかかわらず、何の説明もないというのはいかがなものか?という質問をしたところ、当局の答弁は、

「当時適切を考えられる条件の元、算出した」

と答えたのみ。理由の説明は一切ありませんでした。

意図的な数字の使い方?

直近の指針である「座間市公共施設再整備計画基本方針」の更新費用試算は、前年度に策定された「座間市アセットマネージメント基本方針」の数字をそのまま使って、20年間の更新費用の総額は、389億5400万円(年平均約20億円)。2012年度~2014年度の普通建設事業費(投資的経費)から道路などの都市基盤系施設を除いた平均額が13.61億円なので、毎年6.39億円、20年間で127億8000万円の不足となるとして、「現有公共施設を3割程度縮減しなければ今後の維持が困難である」と記述しています。

下の表は、2012年度~2017年度(2017年度は予算ベース、他は決算ベース)の座間市の普通建設事業費の推移。

Photo_3

ご覧のように、座間市では右肩上がりの数字となっています。ここで疑問となるのは、2016年度に策定した「座間市公共施設再整備計画基本方針」の更新費用試算で、なぜ2012年度~2014年度の数字を使ったのか?ということ。

そこで、直近の2014年度~2016年度の数値を使った場合どうなるかと質問したところ、

「この3ヵ年の平均では、22億6500万円となる」

とのこと。ということは、年必要額20億円を超えますから、今後20年間全ての公共施設を建て替え、大規模修繕したとしても財源的には、不足額は生じることはなく、論理的には「3割程度縮減」ではなく、「すべて維持できる」という結論になってしまいます。つまり、「結論」が大幅に違ってくるのです。

今、座間市ではこの「座間市公共施設再整備計画基本方針」をもとして、各担当が部局ごとの公共施設再整備計画を策定中ですが、これではおおもとの「基本方針」の妥当性が問われます。そんな状態で各部局ごとの再整備計画は策定できるんですか?と聞いたところ、返ってきた答えは、

「特定の年度の決算額に着目し、一喜一憂するのではなく、長期的な視点にたって公共施設を良質な資産として残すための最善の手法を検討する」

「一喜一憂する」? 別にそんなことで一喜一憂なんてしていませんよ。あくまでも「試算」ですから、数字上は不足額なしで全ての公共施設の更新できるとなったとしても、その他の諸条件によって、その通り行くかどうかは不確定なのは当たり前です。しかし、現状を比較的正確に捉えるためには、方針策定にあたって直近の数字を使うのが常識じゃないんですか、ということです。

結論ありき?

では、なぜここまで頑なに私の指摘に対しあくまでも「方針の正当性」に固執するのか?

一つは、「行政の無謬性」の神話。「行政は間違わない」「間違いを認めない」という姿勢からということ。これは、残念ながら行政組織の「習性」として未だに一般的ですね。

もう一つは、これは邪推かもしれませんが、はじめから「公共施設の縮減」という「結論」が先にあるので、正確な数字を使うとその「結論」を導き出すことができなくなる、「困ったことになった」ということではないでしょうか。そもそも、公共施設縮減を根拠づけるための試算なのに、不足額がなくなる計算だと「これはまずい」という心理が働いたのではないかと思わざるを得ません。

いずれにせよ、誰かさんじゃありませんが、もう少し「真摯」に向き合い、「ていねいな説明」が求められていると思いますよ。

| | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

教育機会確保法って何?

昨日は、私の一般質問でした。

感じたのは、昨日の市長の答弁は(その中身の是非はともかく)比較的わかりやすくその考えや思いが伝わってくるものがありましたが、担当部長の答弁は、言葉も少なく、「聞いていることに正面から答えない」、そんな印象です。特に今回、市が自ら策定した「方針」や「指針」の不整合について、具体的に示しながら聞いているにもかかわらず、説明責任を果たしていません。

20171124


さて、昨日の議論では、いろんな論点がありましたが、ここでは、「フリースクール」に関することについて、私の質問要旨をご紹介しながら、ご報告をします。

この素晴らしい演説をしたのは誰?

まずは、ある方の演説の一節をご紹介。

「我が国の未来。それは、子どもたちであります。  子どもたち一人ひとりの個性を大切にする教育再生を進めます。先般成立した教育機会確保法を踏まえ、フリースクールの子どもたちへの支援を拡充し、いじめや発達障害など様々な事情で不登校となっている子どもたちが、自信を持って学んでいける環境を整えます。」

この「ある方」とは、内閣総理大臣安倍晋三さん。これは、安倍首相が今年の通常国会冒頭で行った施政方針演説の一節です。

「あの安倍さんがめずらしく良いことを言っている」というのが、率直なところなのですが、調べてみると実は今回だけではないのです。安倍首相は、ここ三年間連続して施政方針演説の中で、「フリースクールで学ぶ子供達を支援する」ということを語っています。

教育機会確保法って何?

では、安倍首相の言及した教育機会確保法とは何か?と言うことですが、昨年十二月に成立した「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」というのが正式名称で、超党派の議員立法で成立したものです。

当初、法案提出の中心となった国会議員たちの検討過程では、不登校の子ども達がフリースクールや自宅での学習を選択でき、学校以外も義務教育として認めようとする内容でした。ところが、「まずは学校を充実させるべき」という意見や「学校に行かないことを安易に認めるべきではない」といったような意見が、与野党を問わず出され、法案は大幅に修正され、いわば両者の「妥協の産物」のような内容となっています。とは言え、成立した法律を読み込んでいくと、いくつかの特徴的なことが見受けられます。

一つは、子どもたちが休む必要性を認めていることです。法律の中には、「個々の不登校児童生徒の休養の必要性を踏まえ」という記述がある他、本法律に基づいて出された文部科学省の基本方針では、「登校という結果のみを目標とするのではなく、児童生徒が自らの進路を主体的に捉えて、社会的に自立することを目指す必要がある」と定めています。

二つ目は、学校以外のフリースクール等で学ぶことも重要であると認めていることです。第13条「学校以外の場における学習活動等を行う不登校児童生徒に対する支援」では、「不登校児童生徒が学校以外の場において行う多様で適切な学習活動に鑑み」として上で、その支援のために、「国や地方公共団体が必要な措置を講ずるものとする」と規定しています。

三つ目は、行政とフリースクール等民間団体との連携の必要性です。第3条(基本理念)では、「国、地方公共団体、教育機会の確保等に関する活動を行う民間の団体その他の関係者の相互の密接な連携の下に行われるようにすること」として、連携すべきことを定めています。

教育機会確保法を活かすことはできるのでは

私は、あるきっかけがあってこの法律を読み込んでみました。(この「きっかけ」とは何かはちょっと控えさせていだきますが) 私は元々フリースクールも、教育のあり方の一つとして認めるべきだと思っていましたし、だいぶん以前にそうした議論を議会の場でしたこともありました。そんなことから、今回この法律を読み込んでみて、「妥協の産物」とはいえ、これを活かせることはないのだろうか、という考えから、今回の質問のテーマに取り上げたのです。

教育機会確保法について教育長、市長に聞いてみた

具体的な質問事項は以下のような点です。

教育長に対しては、

・過去5年間の市内小・中学校の不登校児童生徒数の推移及び90日以上欠席している児童生徒数の推移は?過去5年間の教育支援教室に通う児童生徒数の推移は?

・教育機会確保法について、教育長の所見は?本法律の成立を受け、本市の教育行政施策の拡充、変更等はあるのか? 

・多様な教育機会を提供しているフリースクールなどの民間団体の活動をどのように評価しているのか?

・フリースクール等との連携について、現在、連携・協議等はおこなわれているのか?

・教育機会確保法の成立を受け、今後のフリースクール等との連携について、どのように考えているのか?

・夜間中学のニーズについて、どのように考えているのか?

市長に対しては、

・法律において位置付けられた多様な教育機会を提供している民間団体へ財政的支援を行うことについて、どう考えているのか?

詳しい(正確な)答弁の内容は、一週間後にアップされる座間市議会インターネット中継の録画をご覧いただければと思いますが、私のメモに基づいて少し報告すると、

まず、座間市の不登校児童生徒数(小・中学校)は、2016年度で156人(全国12万6千人)。そのうち、90日以上欠席は78人(全国7万2千人)。座間市の人口は全国の概ね1000分の1、私はよく単純比較をする場合にこの1000分の1を使って計算しますが、それからすると全国比較では若干座間市が多いことになります。

教育機会確保法について教育長は、「学校以外の場における多様な教育の機会の提供が示されていることは、意味のあること」という趣旨の話をされ、「今後も(不登校児童生徒に対する)支援に努めてまいりたい」と述べていました。

フリースクールについては、「ありがたい」と表現した上で「『見守り』を中心として支援していきたい」と。フリースクールとの連携については、「本人や保護者と確認の上、事情を聴いている」「県や県央地区の協議会に市内のフリースクールも参加しているので、情報交換している」とのことでした。

法成立を受けた今後については、「これまでどおり、進めていきたい」。夜間中学のニーズについては、「県がアンケート調査を行っているので、それに本市も協力している」とのこと。

また市長は、財政的支援について、「教育委員会が必要だと判断すれば、対応していく」とのこと。

まあ、総じて「現状維持」の構えでしたね。私もこの法律のことを十分知らなかったので大きなことは言えませんが、法成立後の本市の教育委員会定例会の議事録を読んで見ても、教育機会確保法のことは私の調べた限り、話合われていません。確かに「中途半端」な内容かもしれませんが、法と法に基づいて出された文部科学省の基本方針は、使いようによっては多様な教育機会の場を充実させることができるのではないかと思います。行政が「現状維持」ならば、市民サイドからの、法に基づいた積極的ななアプローチ(市民イニシアティブ)が今後必要ではないかと思いました。

| | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

あさってから一般質問

座間市議会は、12月1日から一般質問が始まります。(12/1日.4日.5日) 私の登壇予定は1日の二番目ですから、おそらく午前10時頃からと思われます。

今回の私の質問テーマは以下のとおり。

1.公共施設の今後のあり方について

2.住民票、マイナンバーカード等への旧姓併記について

3.教育機会確保法に基づく教育機会の確保について

4.市長の政治姿勢について

1.については、ここ数年座間市が策定してきた公共施設の管理計画(座間市ではファシリティマネージメント推進事業と称していますが)について、質します。どういうことかと言えば、「高度成長期に建設された公共施設が今後更新時期を迎え、一方で少子超高齢化社会の突入で、その財源も今までどおりでは見通せない、だから、長期的な管理計画を立て、総じてダウンサイジングしなさいよ」というもの。さらに付け加えれば、今後施設の更新(建て替え)を行う時は、PPP(官民連携事業)で資金も運営も「民間」にまかしたらどうよ、ということで今、全国の自治体でこうした計画づくりが行われています。

今回は、主に座間市がこれまでつくってきたいくつかの「基本方針」の内容について議論したいと思っています。特に、他の自治体でもそうですけど、必ず将来に向けた建て替え等の費用計算をしていますが、これがほんとうに正しいのかどうか、けっこう疑問な点が多くあります。この辺を中心にして、将来のあり方について議論したいと思います。

Img_20171129_142815



2.については、この前のブログでも報告した先日の総括質疑の続き。前回私の再質問に、ほとんど答えていなかったので改めて質すものです。論点は、「ほんとうに役にたつのか」 「まっとうな手続きがなのか」「自治体の負担が重いのではないか」 こうした点です。

3.については、昨年12月に超党派の議員提案で教育機会確保法という法律が成立しました。当初は、フリースクールなども義務教育の一環として認める方向だったようですが、旧来の「学校に戻すべき」という反対意見によって、フリースクールは明確に認められなかったものの、「連携」という言葉はなんとか入っています。本市における「連携」とは?またその内実は?ということを議論したいと思います。

06b80b98b6fc4525b4b39b168e85c5fc
<日の目を見なかった法案の仕組み>

4.については、1.と3.の問題に対する市長の政治姿勢を問うていきたいと思っています。

ぜひ、傍聴が可能な方は、お越しください。またインターネット中継でもご覧なれます。
座間市議会インターネット中継
http://www.kensakusystem.jp/zama-vod/index.html

| | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

マイナンバーカード等への旧姓併記って何?

今日から始まった座間市議会第4回定例会に提出された補正予算案の中に、「戸籍住民基本台帳管理経費補助金(住基システム番号制度旧氏対応改修事業)」「番号制度対応システム事業費」というものが含まれています。補助金と事業費は同額の691万1千円で、全額国庫補助による事業費です。

マイナンバーカード等への旧姓併記

どういうことかと言えば、総務省の説明ではこうです。

「女性一人ひとりが自らの希望に応じて活躍できる社会づくりが必要」

「希望する者に係るマイナンバーカード等への旧姓の併記等を可能とするよう、関係法令の改正を行うとともにシステム改修を行う」

Photo


その理由については、

「内閣府の世論調査によると、結婚をして名字を変えると仕事上不便を感じる働く女性が5割近くおり、民間調査では、働く女性の25%が旧姓を使っているなど、旧姓併記へのニーズがある」

としています。

確かに、ここで述べられていることについては私もそのとおりだと思いますよ。しかし、こうした問題は、本来なら、選択的夫婦別姓制度を導入すれば解消されるものと思われますが、安倍政権がとった対応は、選択的夫婦別姓制度には手を付けずに、旧姓併記ということのようです。

何が旧姓併記可能となるの?便利になるの?

総務省の説明では「マイナンバーカード等に旧姓の併記を可能とする」としています。お気づきのとおり、「等」と言うからには他にも旧姓併記が可能となるものがあると思われますので、今日の私の質疑で聞いてみたところ、

「マイナンバーの他には、住民票、パスポート」

とのこと。では、どのような利便性があるのか?とたずねたところ、

「旧姓を使っている方でも、戸籍上の名前と同一性を確認できる」(そんな趣旨でした)

とのこと。

ほんとうに便利になるのか?!

当たり前の話ですが、市区町村は住民基本台帳を管理しているだけでありません。税や福祉、教育などに関わる個人情報を取得し、管理し、必要に応じて諸証明を発行したりしています。例えば、保育園に入所する場合、保育料は保護者の所得に応じて設定されていますから、所得の確認が必要となってきます。その場合、税情報のシステムが旧姓併記に対応していなければ役に立たないのではないか、と再質疑でたずねたところ、明確な回答は返ってきません。

現在座間市では、保育園の入所にあたって保護者の所得確認は、住所が市内の方の場合は保育園の担当部署から税務の担当部署に照会をかけ確認し、市外の方の場合は課税証明書の提出を求めているとのこと。もし保護者が旧姓で申し込んだ場合、税情報のシステムが旧姓併記となっていなければ、確認のしようがないということになるのです。

この他にも、所得による違いが出てくるものとして、子育て分野では児童手当や幼稚園就園奨励金などあり、さらに福祉関係でも所得把握が必要なものがけっこうあります。こうした市のサービスを受ける際に、税情報のシステムが旧姓併記に対応していなければ、役に立たないのです。税情報のシステムは今回対象となっておらず、もしこの分野でのシステム改修を行うとすれば膨大な費用がかかることになります。

法律の改正がされていないのに、システム改修だけが進む

総務省も「関係法令の改正を行うとともにシステム改修を行う」と言っていますから、当然法改正は済んでいるだろうと思って聞いてみると、

「まだ行われていない」

とのこと。あわせてシステムの運用開始はいつから?と聞くと、

「国から示されていない」

と「わからない」のオンパレード。本来なら、まずは、関係法令の改正を行い、法律又は政令の施行日を定め、その間に予算措置を行い、準備を整えるというのならばわかりますが、関係法令がどのように改正されるかまだわからない、運用がいつから始まるのかもわからない、そんな段階でシステム改修だけ先行させるというのはいかがなものか、と聞いたところ、それには残念ながら答弁はありませんでした。

地方自治体の負担だけは莫大に

今回国からは「10/10補助」=満額補助として約700万円が計上され、その後の総務省のこのことに対する補助金額をみるとほとんどない(全国で2000万円、人口比で推測すると座間市2万円ほど)ので、今回の700万円でシステム改修は終了するんですね?と聞いてみると、

「現在国から示されている仕様書のとおり行うと、約3200万円ほどかかる」

という、驚くべき回答。では、差額の約2500万円はどこが負担するの?と聞くと、

「全額国の補助を要望しているが、市の負担も仕方ない」

という、またもや驚くべき回答。だって、マイナンバー制度の導入によるシステム改修で座間市の場合は、約1億円かかっています。本来は国の都合でやることになったわけですから、全額国庫負担が当然のこと。しかし、実際の補助率は50%にも満たないもの。差額分は市が全額支出しているのです。こうした苦汁をなめているわけですから、市としては、凛として「全額国庫負担が当然」と言うべきものじゃありませんか。

旧姓併記は何のため?

こうして見てくると、何から何までわからないことばかり。「女性の活躍」を言いながら、役に立たない制度をつくり、お金の後始末は地方自体へ押し付ける。全ては「マイナンバーカード普及のため」という政策的意図がみえみえの政策ですね。

PS そうそう、「表題」からしておかしいのですよ。マイナンバーカードに旧姓を併記する場合、もとになる住民票に旧姓を記載する必要があります。住民基本台帳法第7条には住民票の記載内容が14項目列記されていて、住民票に旧姓を記載するためには、この第7条に加えるか、第7条14項に規定されている政令を改正することが必要であり、本来なら「住民票の記載事項の充実」のはずです。

2017930

| | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

市議会第3回定例会が終わりました。でも、すごい1か月半だった。

市議会第3回定例会が終わりました。でも、すごい1か月半だった。

昨日、座間市議会2017年第3回定例会が閉会しました。この定例会の主な案件は、2016年度の一般会計、特別会計、企業会計の決算の認定について。私の評価を討論で述べました。以下からご覧ください。

おきなが明久レポート web版
http://d.hatena.ne.jp/okinagaakihisa/?_ts=1506746795

201798


座間市議会は、毎年9月が役職の改選。かつては、議長・副議長は、「慣例により1年交代」でしたが、最近では議長は「2年交代」副議長は「1年交代」が定着しており、議長は昨年就任した京免議長が継続。副議長は新たに吉田義人議員が選出されました。なんで議長は「1年交代」から「2年交代」となったのかということですが、おそらく議員数の削減の影響でしょう。私が議員となった1996年の議員定数は28名。それが20年間経って現在は22名。いわゆる「市長与党」を自認されている会派のみなさんが持ち回りで、議長職に就いてきたですが、これだけ議員数が減ってくると、まさに「人材難」。それで2年交代にしてうまく持ち回りが回るようにと言うことでしょう。

ちなみに、地方自治法では議長の任期は議員の任期と同じ4年間。私はこうした「役職」には、全く関心がないのでどうでも良いのですが、どちらかと言えば、「4年間」が良いと思いますけどね。その方が、二元代表制の一翼としての(括弧付きの)「権威」が出てくる?かもしれない?って感じです。

最近は、「市長与党」のみなさんの団結が強いようで、以前はこの時期になると、普段議会ではほとんど発言されない保守系の議員さんたちが、ここぞとばかりに精力的に動き回るという微笑ましい姿を見るのが楽しみでしたが、持ち回りもうまく回っているようですね。

ちなみに、私はこの1年、以下の委員会です。

都市環境常任委員会(市民部、環境経済部、都市部、上下水道局の所管事項)

議会運営委員会

さて、そんな市議会の「イス取りゲーム」の話はさておき、世の中は激動しています。

第3回定例会が始まった8月後半頃には、民進党の代表選後の山尾志桜里さんの話でもちきりだったのが、中盤には臨時国会冒頭解散=「モリカケ隠し解散」の話となり、最後は民進党の解党、「自民党VS希望の党の政権選択選挙」なんていう事態になってきました。

さらに、政策的にも、アベ政権が民進党の「消費税10%引き上げ、それを福祉に回す」という政策をパクッたかと思えば、「希望の党」は消費税増税凍結、それに多くの旧民進党議員がなだれ込み、なだれ込みそうになると「安保法制や憲法改正に賛成する人じゃなきゃだめよ」という「踏絵」。

Photo


まさに「倒錯した世界」が繰り広げられていますが、まさに「激動期」とはこういうものでしょう。私は「人は苦しい時にその人の本性が出る」と思っています。よ~く、誰がどのようにふるまうのか、見きわめていく必要があると思いますし、自分でもこうした激動期にどのような態度と行動をとるのか、しっかり考えていきたいと思います。

| | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

聞かれたことに答えなさい

昨日、私の一般質問がありました。

どういうやり取りだったのか、ということについては、少し整理してまたご報告したいとは思いますが、今日は、今回の印象的なやりとりをいくつか紹介しておきます。(なお、答弁については私のメモによるものなので、厳密な正確性はご容赦ください)

まず、厚木基地の爆音問題。

9月1日から5日にかけて在日米海軍の空母艦載機によって強行されたFCLP(陸上空母離着陸訓練)、訓練当日の通告と実施について市長はどのように受け止めているのかを質しましたが、市長の答弁は、

「北朝鮮情勢や台風の影響で硫黄島での訓練が不可能となるなど、やむを得ずと受け止めている」

移転先(岩国)で行われるべきである

という趣旨の発言。黒岩神奈川県知事他、座間市を含む関係9市の首長の連名で「ただちに中止するよう」求めているにもかかわらず、「やむを得ず」という発言や「移転先でおこなわれるべき」という発言には正直驚かされました。

次に、オスプレイについて

昨年12月の沖縄県名護市沖に引き続き、今年8月に在沖海兵隊所属のオスプレイがオーストラリアで墜落するなど度重なる事故を受けても、以前の市長発言=「オスプレイの戦略的も戦術的にも価値がある」「運用中止は求めない」という考えは変わらないのかという質問に対しては、

オスプレイだけではなく、自衛隊のヘリや防災ヘリが墜落するなど事故は起こっている。オスプレイに限らず慎重に運用していただきたい」

トラブルがあったことをあげつらって、『出ていけ』なんていうことは言うつもりはない

という発言。最初の答弁は、オスプレイの度重なる事故についての見解を質しているのに、「他のヘリも墜落しているじゃないか」と論点を避け、二番目はすでに米海兵隊全体の事故率をオスプレイは上回っているというデータをもとに事故率に対する見解を求めているのに、問われていることには答えない。まあ、どこかの首相の答弁と似ていますけどね。

しっかりとした見識に基づいた論理的な答弁には、当然ながら納得させらるものです。ところが、質問に対し正面から答えず、論点を避け、ただただ自己を正当化するだけの答弁には、ほんとに「うんざり」してしまいますが、昨日のやりとりは、あいかわらず後者の方。質問者としては、けっこうな忍耐力と精神力が求められることになりますが、これもまた本来は「民主主義の学校」とも言われる地方議会の役割。「民主主義の学校」の「学級崩壊」につながらないよう、今後もしっかりと続けていきたいと思います。

2014

<2014年厚木基地へのオスプレイ飛来に対する市長答弁>

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧