2017年7月21日 (金)

暑中お見舞い申し上げます。

暑中お見舞い申し上げます。

暑い日々が続きますね。このところ、おきなが明久レポート第105号の配達で市内を回る日々です。

1㎢あたり7000人を超え、県下でも有数の人口密集都市である座間市ですが、所によっては風情のある場所も見られます。

昨日は、四ツ谷、新田宿地域へ。近くに田んぼがあることから、用水路のある街並みはなかなかのもの。

Kimg0068


Kimg0067


今日からは、栗原地区で「ひまわりまつり」が始まりました。(7/21~26)

Img_20170721_1407052


Img_20170721_1407392


ここのひまわりは約10万本。8/10~8/15の座間会場は約45万本。合計55万本のひまわりの花が咲きみだれます。

Img_20170721_1419402


両会場とも、公共交通の便はあまりよくないところですが、私のお薦めは歩いて見に行くこと。暑い夏に、思いっきり汗をかきながら歩いて、ようやくたどり着いたら、一面のひまわり畑、なかなかのものですよ。(もちろん、駐車場やシャトルバスも用意されていますが)

ひまわりまつりの後、今日は市内最大の団地=座間ハイツへ。15階建てのマンションが5棟並んでいる団地ですが、高層階は涼しいこと。何軒かのお宅で、「まあ、どうぞ」ということで上がってお話させていただきましたが、吹き抜ける風でエアコンなどまったくいらない状態。エアコンの全くない我が家からすると、うらやましい限りの涼しさです。

Kimg0069


しばらく続く市内行脚、日々の生活のこと、今の政治に対する思い、いろんなことを吸収させていただいています。

| | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

麦っ子畑保育園の新園舎披露&40周年記念パーティー

今日は、市内にある「麦っ子畑保育園」の「新園舎披露&40周年記念パーティー」へ伺いました。

麦っ子畑保育園は、これまで無認可の保育園として保育や学童に取り組んできました。(ふつうだったらはここで、「ユニークな保育」とか「特徴的な保育」なんて言葉で表現するのでしょうが、何がふつうで、何がユニークなのか問い直す必要があると思いますので、私は使いません)

その麦っ子が、7月から認可保育園としてスタート。それに向けて新園舎が竣工したことによる今日のパーティー。これまで何回か、こうした保育園の園舎竣工式などに参加したことはありますが、まあ、ユニークな(あっ、言っちゃった)催しでしたね。

記念式典の後は、「水を守りに、森へ」と題した作家であり、サントリー環境部シニアスペシャリストの山田健氏の講演会。午後からは、「麦フェス」と称したバンドや演奏家、ダンスの披露。さらに、有機野菜などを使った料理などの出店も多数と、ほどよい「お祭り気分」の記念パーティーでした。

私は、途中、急用で一時退席したり、戻ってきてからも所用で昼過ぎには残念ながら退出。このブログでも何回も取り上げましたが、座間市と防衛省との1971年覚書(基地の縮小、自衛隊駐屯人員の制限等)を改悪しようとする会議が明日開かれるので、その準備というか、いろんな方々からご意見を伺う活動があり、最後までいられなかったのは残念でした。

新園舎の全景は、こんな感じ。木をふんだんに使ったなかなかいい感じです。

Img_20170625_1031282


Img_20170625_1030492


記念式典でのこどもたち

Img_20170625_0957392


式典の最後は、後で聞いてわかったのですが、「フラッシュ・モブ」だったようです。

Img_20170625_1018112


一階のフロア部分

Img_20170625_1255032


しゃれた手洗い場

Img_20170625_1254142


今回の麦っ子認可化は、子ども子育て支援法の施行により、これまで無認可であっても市や県から補助金でなんとかやってきたものの、それが廃止の方向となり、自力で無認可として運営していくのか、認可を取得するのかという決断に迫られたものと思われます。

様々な規制など認可化することで失うものもあるかもしれませんが、あくまでも麦っ子らしく、今後も進んでいくと思いますし、そうあってほしいと思います。

| | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

久しぶりの大山

昨日は久しぶりに大山へ。

いや~、久しぶり(今年2回目)の大山でしたが、体がなまっていると言うか、運動不足を痛感。時間的には駒参道入り口から中腹付近の下社まで約1時間、下社から山頂まで1時間40分で、標準的な時間からすると約10分くらい遅いのですが、体感的にはずいぶん苦しかった。

特に下社までがつらかった。下社で私が15分休憩を求めたのに対し、つれあいに「とにかく、ゆっくりでも止まらずに」とのことで却下され、5分休憩で出発。途中休憩もほとんどなしに山頂までだったですが、それでも標準タイムから10分遅れですからね。

山頂で
Img_20161224_1226252


富士山もきれいに
Kimg0008


山頂から伊豆半島、真鶴半島
Img_20161224_1229312


三浦半島、江の島
Img_20161224_1229472


娘たちも中高生になってくると、長女は友達と鍋パーティー、次女は友達と映画へ、とそれぞれの交友関係に基づいた行動。なかなかいっしょに行動することも少なくなりました。そんなことで、クリスマスイブの日、残った夫婦二人での大山登山。今後はこうしたパターンが多くなりそうです。

でも、やばいですね。この運動不足、なんとかしなければ。

この頃は一緒についてきたのに
P10104252


| | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

秋晴れの日曜日

昨日は秋晴れの日曜日。市議選投開票日から1週間がたちました。ようやく、酷使した体の方も元にもどりつつありますが、まず地元の立野台小の運動会へ。

昨年までは下の娘が通っていたので保護者としての参加でしたが、今年からは「来賓」。わずか1年しかたっていないのに、子どもたちをみる感覚も違ってきて、「うちの子たちもこんな時代があったなあ」なんて感慨にふけってしまいます。

その後は、まだまだ終わらないあいさつまわり。公選法で「お礼行為」が禁止されているため、微妙な言い回しにならざるを得ないのですが、ほんとよくわからない法律の規定ですよね。応援してもらったら、「ありがとうございました」というのが素直な気持ちであり、常識的でもあると思うんですがね。

そして夜は、「Cafe カチル」の「復活大感謝Party」へ。

1184842_278648748961939_575910142_n


住所は相模原市相武台ですが、私の事務所から徒歩10分。有機野菜を使ったおいしい料理と、時にはLIVEがあったり、いろんなワークショップも開かれたりしています。(もちろんお酒もありますが私は全く飲めないので、もっぱらランチの常連客ですが)

ここ2か月ほど休業されており、昨日が再開初日。この店でよくみかける顔ぶれが集まって、LIVEを楽しませていただきました。

昨日のLIVEは、

南條倖司さん

Img_20161002_1851282


マットde慰問ことトシさん

Img_20161002_2043102


ブルースビンボーズのSADAさん

Img_20161002_2145492


おそらく私の同世代の方々でしょう。お話をすると「同世代のにおい」というか「感覚」が感じ取られ、楽しいひとときでした。

| | トラックバック (0)

2016年9月30日 (金)

解散風

「来年1月解散」が取りざたされる中、 地元(神奈川13区)選出の代議士さんのポスターも新しくなったようです。

「ひたむきに、これからも。」というキャッチコピーですが、「ひたむきに、これからも」何をするのだろう?

ところで、

「引き続き調査を進め、しかるべきタイミングで公表する機会を持たせていただく」

とおっしゃってられましたが、どうなったのでしょう?

「解散めぐる発言、与党幹部次々 二階氏『準備怠りなく』」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl…

Ca3j02900001

| | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

人の心を動かす演説?!

昨日の夕方は、小田急線相武台前駅で宣伝。

応援に駆け付けてくれている大和市議の石田ゆたか君が、

「おきながさん、なんか、夕方は人の心が動かされやすいそうですよ」

と、TV番組のネタをもとに言ってくるので、私の心が動かされて、夕方の駅頭にたちました。

あいかわらずの小雨がぱらつく中での演説。果たして「夕方の人の心は動かされた」かどうかは定かではありませんが、終わり際に体格のよい初老の方が近づいてきて、しっかりと力強いと握手をしていただきました。見ると、見覚えあるというかけっして忘れることができないお顔。なんと、前の市長の星野勝司さんでした。

市長在任中は、いろいろと真剣な議論をやりあったものですが、事前通告なしの全くのガチンコの議論でも堂々と答弁(内容はともかく)された方。在任中は、私が握手を求めてもけっして応じないというファイティングスタイルでしたが、今日はしっかりと握手をしていただきました。

この方の「心を動かす」演説だったなら幸いですけれど、果たして・・・・・。

14365524_1137075629708953_148031236

| | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

アベノミクスは道半ば?

フェイスブックのタイムラインに流れてくる山の写真を眺めながら、ため息をつく今日この頃。

ご承知のとおり、今年は9月に市議選が控えており、山道ならぬ市内を歩き回る毎日です。

そんな中で今日、お話をした40代の男性、トラックの運転手の仕事をしている方。

私が自己紹介を済ませると、

「何党ですか?」

と聞かれました。私が、

「既成政党には所属していないし、支持もできない。新しい政党が必要だと思っています」

と告げると、

「僕は自民党支持なんですよ」

ときっぱり。私が、

「なぜ、自民党を支持されているのですか?」

と聞くと、答えは

「安心できるから」

とのこと。へえ~と思いながら、

「ところで、仕事の方はどうですか?」

と聞くと、

「いや~、ぜんぜんですよ。この業界、過当競争で給料は下がるばかり、この仕事20年やっているけど、入った時の方が給料はよかった」

と。私が

「アベノミクスの恩恵がまだ来てないんですね」

と言うと、

「そうなんだよ。大企業だけだよ」

と。私が

「いつ、中小企業まで回ってくるんでしょうね」

と言うと、

「何年かかるかわからないけど、きっと回ってくるよ。そう信じなければやってられない」

と、最後は少し元気がなさそうに、言ってきました。

まじめにこつこつ働いてきたにもかかわらず、給料は20年前より低い。「安心できるから」と自民党を支持している理由が崩れた時、彼は、どのような政治を選択をするのでしょうか。

逆に言えば、私たちは彼に「希望のもてる選択肢」を提示できるのかどうか、そんなことを考えました。

Ca3j02350001

| | トラックバック (0)

2016年7月31日 (日)

後援会の「役」とおじいさん

9月の座間市議選を前にして、地域を廻って対話を繰り返す毎日。業界用語で言えば「ローラー」、無差別にピンポーンするやり方です。

この「ローラー」で楽しみなのは、当たり前の話なんですが、「いい反応」も「悪い反応」も「全くの無視」も、いろんな「反応」に触れることができること。さらに政治に対するいろんな見方や地域の課題を寄せられることですね。

そんな中で、今日会ったおじいさんとの庭先での話。

「おれはさあ、ずっと甘利さんの後援会の役をやっていたんだよ」

「今回、あの事件があっただろ。どう考えても、あれはおかしいよ」

「それでさあ、おれはもう後援会の役をやめようと思って、言ったんだよ」

「そしたら、『後釜を見つけてからやめてくれ』ってさ」

「おれはやめようとしている人間だよ。それに『後釜がみつからない限り続けろ』って言うんだから」

「これって、おかしいだろ」

このおじいさんは、もう二度と政治には関わらないとのこと。

まあ、ある意味で典型的な「政治不信」とでもいうことができるでしょうが、私が一番ビックリしたのは、「後釜を見つけてからやめてくれ」というマインドというか、その発想。こうしたマインドで後援会は「組織」されているんでしょうかねえ。

ここで思い出したのは、以下の一節。

日本では『役』を担う家のメンバーであるかどうか。によって、村の構成員が明確に定義されていました。ここに言う「家」というのは「宗門人別帳」に記載された家を示しており、無縁者を除きます。つまり、「『身元がたしかで実働しうる男』を村から公平に出す体制」が村における「役の体系」の本質です。

このように、「役」という概念は、日本社会の根底を支える哲学です。この「役の体系」は現代社会にも大きな影響を与えています。それは「役場」「役所」「役人」「重役」「取締役」「役員」「役者」「役割」「役得」「役回り」「役立たず」といった用語を見れば明らかでしょう。

役を果たせば、立場が守られる。
立場には、役が付随する。
役を果たせなければ、立場を失う。

(「原発危機と東大話法」 安冨歩)

「役を果たす」ことをやめようとしたおじいさん、「後釜」を見つけられないと「立場」を失うのだろうか。

| | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

相変わらずの霞が関文学

6月6日付けのブログで「生活保護世帯の子どもの大学進学について」の中で取り上げた衆議院厚生労働委員会での、政府側答弁の「解釈」をめぐって、市の担当課と意見交換をしました。その中でわかったことは、この国会答弁は「やっぱり、相変わらずの霞が関文学のなせる業であること」ということです。

以下、その理由を書いていきます。

まず、私の主張から整理しておくと、

・現行の生活保護の運用では、保護世帯の子どもが大学に就学した場合、「世帯分離」され扶助対象から外される、つまり、大学に進学したい場合は「勝手にどうぞ、その代り生活保護は受けられません」というのは、「貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等を図る子供の貧困対策は極めて重要である」とした政府の「子どもの貧困対策に関する大綱」の趣旨に反するのではないか。

これに対し、5/13の衆院厚生労働委員会の政府答弁では、

とかしき厚生労働副大臣

「貧困の連鎖を防ぎ、子供の自立支援を促進するために、今回、収入認定の取り扱いを見直していきたい、このように考えているところであります」

石井社会援護局長

奨学金等につきましても、その取り扱いを見直して、現行の取り扱いに加えて、大学等の入学金や、あるいは就職に伴う転居費用などに充てた場合におきましても収入認定から除外をして、その金額が手元に残るよう、これは運用を改めてまいりたいと考えているところでございます。」

前のブログで私の気になったことを書いていますが、それは

・なぜ、「大学等の入学金」や「就職に伴う転居費用」に限定されているのか?

・「現行の取り扱いに加えて」とあるが、「世帯分離の原則」=「大学就学時は保護対象から外される」ことはどうなるのか?

こうした私の懸念は当たっていたようです。市の担当者の解釈は、こうです。

・この運用の見直しは、これまでの大学就学者の「世帯分離の原則」を変えるものではない。

・「大学等の入学金」は入学以前に支払うものであり、大学就学後はこれまでどおり「世帯分離」となる。また、「就職に伴う転居費用」は大学就学者の卒業後のことではなく、高校卒業者の「就職に伴う転居費用」である。

ということは、今回の運用の「改善」は、極めて限定的なもので、これまでの生活保護制度の運用は堅持するというもの。

「貧困の連鎖を防ぎ、子供の自立支援を促進するために」という枕詞がつけられ、「収入認定の取り扱いを見直していきたい」という言葉と「その金額が手元に残るよう、これは運用を改めてまいりたい」という言葉につなげられると、「これはすごい運用改善だ」と思わせるものですが、厳密にみていくと枕言葉の豪華さに比べて、実質は「トホホ・・・」というぐらい、小っちゃいもの。

あらためて、「霞が関文学」の「巧みさ」と表現力の「上げ底」ぶりを痛感した次第です。

(写真は座間市議会インターネット中継より)

2016636

| | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

環境省の役人と高校生

高1になった長女からの質問。

「おとうさん、今度環境省の人と話をするの。原発はやめろって言いたいんだけど、なんて言って反論してくるかなあ?」

高校の「環境問題フィールドワーク」とやらで環境省の役人に質問し、議論するとのこと。

私は、

「そうだなあ、おそらく『原発の方がコストが安い』とか、『再エネは気候変動で左右されるから安定的電源とはならない』とか言ってくるんじゃないの」

とアドバイス。娘としては入念に下調べをして、「理論武装」して臨んだようです。

帰ってきた娘に「どうだった?」と聞くと、

「もう、拍子抜け。環境省に去年入ったという人なんだけど、『僕も原発はやめるべきだと思う』って。お互いハイタッチしちゃった」」

とのこと。さらに、

「その人はねえ、再エネについて、『気候変動の影響は受けるけど、地熱は安定的』とか、『小水力は日本に適している』とか、私が反論しようとしたことを全部言っていた」

と。入庁2年目の初々しい役人が対応したようですが、その発言には私もビックリ。願わくば、その方には年次を重ねても、ずっとその志を堅持していただきたいものです。

ところで、高校生たちが環境省の役人にぶつけたその他の質問を見せてもらったのですが、

・WWFが養殖は海洋環境を悪化させるとしているが、環境省はどのように考えるか。

・賛否両論あるメタンハイドレードの使用に環境省は賛成か。

・森林破壊が問題となっているのに、木材を輸入するのはなぜか。

・先進国と発展途上国の問題解決における経済的、社会的格差をどう是正すべきか。

etc

へえ~、けっこうしっかり考えてるなあ、というのが率直なところ。期待したい。

Img_20160603_23090022




| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧