2007年5月19日 (土)

新潟へ、スコットランドへ。

久しぶりの書き込みとなりました。
統一地方選後、GWは参議院選の関係で新潟県へ。参議院議員黒岩たかひろさんの応援です。

黒岩さんは、2002年の参院新潟選挙区の補欠選挙で初当選、その時も応援にかけつけましたが、7月が2期目の選挙。とはいえ、ただの2期目の選挙とは事情が違っています。参院新潟選挙区は、定数が2名、2001年参院選では、自民1、民主1でした。そのうち自民1が欠員となり、補欠選挙となり黒岩さんが当選したので、定数2のところに民主が2となっていたのです。(黒岩さんは当選時は無所属) 今回の選挙では民主は黒岩さん、森ゆう子さん2名を公認。常識的に言えば、大変しんどい選挙ですが、民主党が「政権交代をめざす」なら2名公認で、自民党の議席獲得を阻止するのは、当たり前と言えば当たり前。黒岩さん、森さん、お互いのがんばりによる相乗効果で、自民党議席獲得阻止になればと思います。

GW明けからは、プライベートなことでイギリス・スコットランドへ。つれあいの姉がスコットランド人と結婚、グラスゴーに在住しているので、そこに宿泊。4階建ての建物の4階部分が居住スペースと姉の夫の仕事場(建築家)なのですが、この建物、建築は1900年頃とのこと。ゆうに100年を超えているわけですが、こちらではめずらしいことではないようです。確かに、街をあるいていると、「1914」とか「1848」とか建築年が記してある建物があり、100年前などはざら、さらに建物の外観はほぼ統一されており、日本とは違って街並みがみごとに整っています。しかも、「洗濯物を表の通り沿いに干してはならない」という細かいきまりまであって、この「景観」が保持されているようです。

街並みの格調の高さの反面、ゴミには無頓着なようで、通りに散乱する紙コップやペットボトルは日本以上、さらに多いのが犬のフン。とにかく、通りでも公園でも、どこでも垂れ流しといった感じで、このアンバランスには驚かせられました。

あと驚いたのが、物価。間接税17.5%が加算されていることもありますが、高い。外食すると大変なことになってしまいます。例えば、スターバックスのようなカフェで、サンドイッチ2つとコーヒーを買うと、それだけで5ポンド。1ポンド=約250円ぐらいのレートでしたから、1250円ぐらいになります。名物のフィッシュ&チップス(魚のフライとフライドポテトのセット)が、7.2ポンド(約1800円)ですから、日本のファミレスならステーキセットを頼める値段です。

賃金水準がどのくらいか、わからなかったのですが、うちの家計からすると、 とても生活できる物価ではありません。日本でも、消費税10%、20%なんていう話がありますが、こんな物価水準になってしまうのでしょうか。

1020297_img_2 グラスゴー市郊外、BUTE島へ向かうフェリーから

1030342_img_1 グラスゴー美術館。この建物も年季が入っています。

| | トラックバック (0)