« 夏の終わり | トップページ | 終わりそうで終わらない暑さ »

2019年9月 5日 (木)

明日は一般質問

座間市議会は、明日(9月6日)から一般質問が始まります。私の登壇は明日。4番目ですから、おそらく午後1時以降になると思われます。

今回の質問テーマは以下のとおり。

1.基地対策について
1)米軍水道送水管について
2)冊子「座間市と基地」について

2.2018年度決算について

3.座間市立市民交流プラザの指定管理者の指定について

1-1)、2)については、関連した質問になります。実は、この問題昨年の9月議会から始まり、連続して今回で5回目となります。ようやく、一番の問題の所在が明らかになってきたと感じています。これまでで明らかとなったことを簡単にまとめると、

・現在米軍が使用している水道送水管(市内の取水井戸からキャンプ座間まで)は旧日本陸軍が敷設したもので、現在座間市の公道(座間市道)の地下及び民有地の地下にある。
・一部は、現在の市役所建設に際して敷設替えが行われ、その部分は座間市が道路法に基づく道路占有許可をしているので、法的には問題ない。
・しかし、その他の部分についての法的根拠は「不明」(市の答弁)となっている。つまり、法的根拠があるのかないのかわからない状態。

これを正していくことが必要だというのが私の主張です。法的根拠がわからないものが市道の地下に埋設されているという状態は、誰が考えても正常な状態ではありません。ましてや、キャンプ座間の前身、旧日本陸軍の士官学校の設置は1937年ですからね。80年以上が経過しています。常識的に考えて劣化は進んでいるでしょうし、万が一破断した場合や大規模災害の場合、どうするのかという問題があります。

Img_20180617_1646172
<市内にある米軍水道の取水井戸>

2.については、本来は決算議案の質疑で行おうと思っていたことなのですが、質疑時間の短さ(最大質疑時間15分)とモニターにグラフ等を写した方がわかりやすいのでは、ということで一般質問(最大質問時間60分)にもってきました。具体的には、過去4年間の座間市の決算数値を見ていくと、ある「法則性」があることについて。その原因と評価、対応について議論したいと思っています。

Photo_20190905183601

3.については、このブログでも先日の市政報告会でも取り上げた市民交流プラザの指定管理者の指定手続きについて。私が「絵に描いたようなデキレース?!」と呼んだものです。

Img_20181228_140840_20190905183701

さて、どのような議論になることやら。特に、今回私は、一問目の読み原稿を用意していません。前は、けっこう読み原稿なしの質問をやっていたのですが、これもメリット・デメリットがありまして、メリットは「わかりやすい」こと。しゃべり言葉になりますから、傍聴に来られた方やネット中継をご覧になった方々には好評でした。しかし、デメリットはついつい時間が長くなっていくこと。考えながらしゃべるので脳が次第に活性化するのか、どんどん後から考えると必要のないことまでしゃべってしまうということです。

明日はどうなるか?なるべく、考えていることの脳内変換をスピードアップして、簡潔かつ的確にしたいものです。(とはいえ、加齢により、脳内変換は遅いからなあ)

2018973

|

« 夏の終わり | トップページ | 終わりそうで終わらない暑さ »