« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月27日 (金)

コンクラーベ

昨日、一昨日と座間市議会は、議会運営委員会が断続的に開かれました。案件のうち、9月議会の最終日本会議の運営についてはあっさりと決まったものの、なかなか決まらなかったのは、議会の「役員改選」。

通常、地方議会では1年毎に各議員の所属常任委員会、特別委員会、一部事務組合議会、付属機関などの改選が行われます。座間市議会の場合は、選挙が9月ですので、毎年の改選はこの9月議会となるわけです。

「改選」と言っても、全て選挙をするわけではありません。座間市議会の場合、議長・副議長は投票による選挙によって選出されますが、その他は議会運営委員会で協議して、割り振りを決めていくことになります。

今回の場合、それぞれの委員の割り振りを決めるところまでは、スムーズに決まりました。ところが、一転して暗礁にのりあげたのが委員長・副委員長ポスト。

私は、議員内閣制の国会ならまだしも、2元代表制である地方議会において、「与党」「野党」だとか「会派」などというのは意味がないと思っています。ところが、他の地方議会も同様でしょうが、やれ「市長与党だから」とかいう「こだわり」をお持ちの方の方が圧倒的です。そうした「与野党」の感覚で座間市議会を見ていくと、こんな感じです。

<与党を自認している会派=14名>
自民党・いさま:8名 
公明党:4名
ざま大志会:2名

<その他=8名>
共産党:3名
ざま明進会:2名
会派に属さない議員:3名

与党を自認する会派の方々が2/3弱、その他が1/3強という比率です。議長・副議長を「与党会派」が占めるというのはまあ仕方ないでしょ。しかし3つある常任委員会、1つの特別委員会(基地政策特別委員会)、合計8つの委員長・副委員長ポストのうち、いくつかは「その他」の会派・議員が座ってもおかしくないはずですが、どうも最近の座間市議会の「与党」を自認する人たちは、こうした「バランス感覚」はお持ちでないようです。

事の発端は、話し合いの中で、企画総務常任委員会は副委員長に公明党所属の議員さんが手を挙げていましたが、委員長は誰も手を挙げていない状態。さらに、基地政策特別委員会では委員長に自民党・いさまの議員さんが手を挙げていましたが、副委員長も誰は手を挙げていない状態だったので、会派に属さない議員である安海のぞみ議員が両方に手にあげたところ、昔の座間市議会だったら、「空いているし、まあいいか」という感じで「与党会派」も納得していたはずなのですが、ここで急展開。

企画総務常任委員会の方では、副委員長に手をあげていたはずの公明党の議員さんが急遽「どうしても委員長をやりたい」と言いだし、さらに自民党・いさまの議員さんも「どうしても委員長をやりたい」と言い始めました。さらに、基地政策特別委員会では、公明党の議員さんが「副委員長をやりたい」と言い始めました。この公明党の議員さんに至っては他に任意設置の委員会の副委員長を二つ受け持つことになっていたのに、それを全てやめて「どうしても基地政策の副委員長をやりたい」と。

(あれ?ついさっきまで誰もやりたいという人はいなかったのに)

どうしても、無会派の議員にはポストは渡さないというシフト。なんか、笑っちゃうでしょ。読者のみなさんも現場にいたら、笑うと思いますね。真顔で「どうしてもやりたいんだ」とただそれだけを繰り返す姿をみると、「ああ、会派の指示でとにかくそう言わなきゃいけないんだなあ」と思い、同情の念を禁じ得ません。

(ちなみに、結果としては「与党会派」が独占することになりました)

実は座間市議会では、前はこの「イス取りゲーム」について画期的なシステムがあったんです。何かと言えば「ポイント制」。これは、一人の議員に例えば4ポイントの持ち点が付与されます。その上で、議長は25ポイントとか、副議長は20ポイントとか割り振られ、「与党会派」が議長、副議長でポイントを消化すると常任委員会や特別委員会の委員長ポストを独占できないような仕組みとしていたんですね。しかも、会派同士で連合してポイントを貸し借りしたりして、少数会派であっても連合してポストを確保するようなこともあり、なかなかおもしろかったですよ。

まさに「先人達の知恵」。昔の保守系議員は度量があったなあと思いますね。それに比べて、最近はちっちゃいこと。

さて、表題の「コンクラーベ」。これは、ローマ教皇を選出するための話し合いのことを言うそうなのですが、地方議会の役員改選も「根くらべ」です。

Photo_20190927200401

「コンクラーベ」では、教皇が決まると白い煙が礼拝堂の煙突が出るそうです。

|

2019年9月18日 (水)

終わりそうで終わらない暑さ

真夏に逆戻りしたような暑い日があったり、今日みたいにすずしい日があったり。皆様方、いかがお過ごしでしょうか。

何かと忙しい日々が続いておりまして、ブログの更新が滞っておりますが、いくつかご報告まで。

一般質問が終わりました。

私の登壇は9月6日。お時間のある方は、下記のリンクからご覧ください。
座間市議会インターネット中継 http://www.kensakusystem.jp/zama-vod/index.html

ほんとうは解説付きで紹介できればわかりやすいと思いますが、ご容赦ください。ポイントだけ申し上げておけば、

市道の地下に埋設されている米軍水道送水管問題
・法的根拠は何か明確にすべき。
・事故があった場合どうするのか?

2018年度決算
・市内大企業1社の法人税の増減が、市財政に大きな影響を与えていることをどう見ているのか?。

座間市立市民交流プラザの指定管理者問題
・見積もり業者は一体どこか?
・高額な備品製作費、購入費の仕様はどこが作成したのか?
・なぜ稼働率20%という超低めの想定をしたのか?
・こんな不透明な手続きをやっておいて反省はないのか?

まあ、それぞれの答弁を見てください。全くと言っていいほど正面から答えていません。しっかりと噛み合う議論をしたいものです。

一般質問の後、座間市議会は予算決算常任委員会の各分科会、各常任委員会が開催され、明日は私が所属する都市環境分科会・常任委員会の2日目。所管部局でいえば、まだ半分終わっていないので、おそらく朝から夕方までびっしりかかると思います。

 

201999

 

れいわ新選組党本部の事務所びらきがありました。

昨日行われた事務所びらき、多くの方々がつめかけ、室内に入りきらず屋外でパブリックビューイングも。次期、衆院選へ向け熱気あふれるものとなりました。

2

れいわ新選組の組織性格は「国政政党」。地方選挙においては、公認候補は擁立しません。よって、所属地方議員というのはありません。私は、先の参議院選挙で選対事務局に関わったことから、引き続き、れいわ新選組事務局の仕事もすることになりました。しばらく「二足のわらじ」状態ですが、どちらの活動も力を尽くしたいと思っています。

Photo_20190918201101

最後に、先日の暑い夜。家に帰って洗面所を見るとこの状態。うちの猫たちも、エアコンのない我が家でこの夏もよく耐えた。

Line_864741767674862

|

2019年9月 5日 (木)

明日は一般質問

座間市議会は、明日(9月6日)から一般質問が始まります。私の登壇は明日。4番目ですから、おそらく午後1時以降になると思われます。

今回の質問テーマは以下のとおり。

1.基地対策について
1)米軍水道送水管について
2)冊子「座間市と基地」について

2.2018年度決算について

3.座間市立市民交流プラザの指定管理者の指定について

1-1)、2)については、関連した質問になります。実は、この問題昨年の9月議会から始まり、連続して今回で5回目となります。ようやく、一番の問題の所在が明らかになってきたと感じています。これまでで明らかとなったことを簡単にまとめると、

・現在米軍が使用している水道送水管(市内の取水井戸からキャンプ座間まで)は旧日本陸軍が敷設したもので、現在座間市の公道(座間市道)の地下及び民有地の地下にある。
・一部は、現在の市役所建設に際して敷設替えが行われ、その部分は座間市が道路法に基づく道路占有許可をしているので、法的には問題ない。
・しかし、その他の部分についての法的根拠は「不明」(市の答弁)となっている。つまり、法的根拠があるのかないのかわからない状態。

これを正していくことが必要だというのが私の主張です。法的根拠がわからないものが市道の地下に埋設されているという状態は、誰が考えても正常な状態ではありません。ましてや、キャンプ座間の前身、旧日本陸軍の士官学校の設置は1937年ですからね。80年以上が経過しています。常識的に考えて劣化は進んでいるでしょうし、万が一破断した場合や大規模災害の場合、どうするのかという問題があります。

Img_20180617_1646172
<市内にある米軍水道の取水井戸>

2.については、本来は決算議案の質疑で行おうと思っていたことなのですが、質疑時間の短さ(最大質疑時間15分)とモニターにグラフ等を写した方がわかりやすいのでは、ということで一般質問(最大質問時間60分)にもってきました。具体的には、過去4年間の座間市の決算数値を見ていくと、ある「法則性」があることについて。その原因と評価、対応について議論したいと思っています。

Photo_20190905183601

3.については、このブログでも先日の市政報告会でも取り上げた市民交流プラザの指定管理者の指定手続きについて。私が「絵に描いたようなデキレース?!」と呼んだものです。

Img_20181228_140840_20190905183701

さて、どのような議論になることやら。特に、今回私は、一問目の読み原稿を用意していません。前は、けっこう読み原稿なしの質問をやっていたのですが、これもメリット・デメリットがありまして、メリットは「わかりやすい」こと。しゃべり言葉になりますから、傍聴に来られた方やネット中継をご覧になった方々には好評でした。しかし、デメリットはついつい時間が長くなっていくこと。考えながらしゃべるので脳が次第に活性化するのか、どんどん後から考えると必要のないことまでしゃべってしまうということです。

明日はどうなるか?なるべく、考えていることの脳内変換をスピードアップして、簡潔かつ的確にしたいものです。(とはいえ、加齢により、脳内変換は遅いからなあ)

2018973

|

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »