« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月14日 (土)

市政報告会のご案内

おきなが明久市政報告会 タウンミーティング2017・冬

日時:2月12日(日) 午後2時~4時半

場所:ハーモニーホール2階大会議室(市役所隣)

20171

| | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

介護保険制度の構造的問題

まずは、下のリンクのニュース

「老人福祉・介護事業」の倒産が急増、2016年は2000年以降で最多の108件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00010000-biz_shoko-bus_all&p=2

Photo


これは明らかに介護保険制度の構造的問題でしょう。

介護報酬を下げれば、介護事業所の経営が悪化し、低賃金による介護職の離職が進む。

事業所への介護報酬を上げれば、保険料やサービス利用料にはね返り利用者の負担増になり、サービスの抑制が進む。

どちらにしても、「地獄への道」。

制度自身の構造的問題を解決しないかぎり、超高齢化社会に対応できないと思います。

介護保険の財政構造を大雑把に言うと、

・総事業費の10%は、利用者の利用料。(いわゆる1割負担)

・総事業費から利用料10%分を差し引いた残り90%の内、半分が保険料(65歳以上の1号被保険者と40歳以上の2号被保険者)、半分が公費(国50%、県25%、市町村25%)

利用料、保険料、公費の割合が固定されているため、総事業費が膨らめば必然的にそれぞれの負担がその割合で増えるという仕組みです。(霞が関官僚が編み出した「自動値上げシステム」)

今後、超少子高齢化社会に突入していく中で、総事業費がさらに膨らむ中で、利用料・保険料の負担に耐えられるでしょうか。保険料はすでに制度スタート時と比べて平均でも2倍以上になっています。

そこで、国が2015年の介護保険制度改訂でとった方法は、軽介護度のサービスを介護保険が切り離すことと、介護報酬の引き下げ。

はっきり言って、「弥縫策」にすぎません。

介護保険制度の財政構造における負担割合を変え、公費(特に国費)の投入割合を増やす以外に解決の道はありません。

その財源はどうするのか?

逆進性の強い、つまり所得の少ない人ほど負担の大きい消費税の増税では、意味はありません。

累進性の強化による高額所得者への所得税増税とこの不況の中でもマネーゲームによって資産を増やしている金融資産課税(1億円以上)によって、財源を生み出し、それを再配分することです。

税制による再配分機能によってこそ、超高齢化社会の介護サービスの問題は解決できるのです。

そこがわかってないよなぁ、民進党は。(自民党は論外としても)

| | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

おきなが明久レポートNO103号

おきなが明久レポートNO103号を発行しました。

ほんとうは年末に仕上げておき、新年早々、みなさんにお届けすることができればよかったのですが、なんやかんやで年明けからの作成、今日から配布となりました。

配布方法は、郵送、手渡し、駅頭などでの配布ですが、今日から始めました。なかなか全市民にお渡しすることはできていませんが、ご希望の方はご一報ください。お届けします。

また、配布のお手伝いをしていただけるボランティアやレポート発行経費に充てるカンパも募集しております。よろしくお願いします。

<1・4面>

No10314


<2・3面>

No10323


(PCモードでご覧の方はクリックすると拡大して見ることができます)

| | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

2017年元旦 大山山頂の初日の出

今年の元旦は、久しぶりに大山山頂(1252m)の初日の出から。

大晦日は、午後8時過ぎには就寝。午前1時に起き出して、2時に出発。車で麓の駐車場に到着したのは、午前2時45分。ここから駒参道を通って中腹の下社へ。

午前4時頃の下社。さすがにあまり人出はありません。

Img_20170101_0403582_2


下社から山頂までは、ふつう1時間30分くらいの行程ですが、通常のペースでは午前6時くらいに山頂に着いてしまい、日の出が午前6時50分ぐらいですから1時間に近く待つことになるので、ゆっくりしたペースで山頂へ。

以前元旦に登った時は、この時間配分を間違って午前4時半頃に着いてしまい、2時間以上も山頂で寒さと眠気に耐えなければなりませんでした。(それでも、高校生と中学生の娘たちはこのゆっくりしたペースに耐え切れす、さっさと登ってしまい、山頂で耐えていたようですが)

私が山頂に到着したのは午前6時20分頃。東の空はこんな感じ。

Img_20170101_0610342


寒さと眠気に耐えている次女

Img_20170101_0629082_2


今年の元旦は暖かったとはいえ、山頂の気温は0℃ぐらい。顔が硬直してきます。

Img_20170101_062952_3


そして、だんだんと初日の出が。

Img_20170101_0655172_2


Img_20170101_0658152_2

山頂の人出はこんな感じ。ちょっとしたラッシュアワー並み。

Img_20170101_0657292_2

西側の富士山

Img_20170101_0725432_4

そんなこんなで、2017年の元旦。明日1月4日からは通常の活動スタートです。

今年もよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »