« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月15日 (土)

財源論

実質上、総選挙も中盤戦という感じですが、マニフェストをめぐる論争(実は論争になっているかどうか疑問ですが)で、自民党がしきりに言っているのが、「財源論」。曰く「ムダをなくすというが、そんなあやふやなことでは財源とは言えない」とかなんとか言っています。

先日も、実はある選挙区の公開討論会に行ってみたのですが、自民党の重鎮の方は、しきりにそうおっしゃっていました。しかも、司会者が自民党のマニフェストの説明を求めたのですが、自分のところの説明は財源も含めて一切なし。民主党マニフェスト攻撃、ただこれだけです。まあ、自民党はすでに「立派な野党」ですね。

自らの政策の財源は、なぜか語りませんが、自民党の財源論は、要するに「赤字国債の増発」と「消費税の増税」。一方民主党は、天下りなど「ムダをなくして財源をつくる」ということ。この違いをはっきりと国民の前に提示して、国民の判断を仰ぐというのが、筋じゃありませんか?自民党さん。

| | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »